ようこそ、展示会!ビジネス・産業振興のために

一般社団法人日本能率協会

出展者の声:株式会社 千代田エレクトロニクス

電源システム展は、「必ず出展する」展示会です。

出展展示会:テクノフロンティア
〜TECHNO-FRONTER は、メカトロニクス、エレクトロニクス及びそれらに関連する専門領域の最新技術と製品が展示され、各領域に対応した技術シンポジウムが開催される、アジア最大級の専門トレードショー&カンファレンスです。〜

展示会サイトへ

株式会社 千代田エレクトロニクス
株式会社エヌエフ回路設計ブロック  グループ事業管理本部 グループ広報室 広告宣伝グループ  

若松 龍介 氏

1.展示会出展に関してのお立場と役割を教えてください。

展示会の現場担当者兼、運営担当者となります。

2.この展示会に出展することを決める前に業務上でどんな課題を感じていましたか?

当社グループは、5年前から直流電源専門メーカの千代田エレクトロニクスから、試験用直流電源を販売しています。千代田エレクトロニクス社が提供している直流電源は、定格電力の範囲なら電圧・電流ともに3倍の出力が確保できる(オートレンジ出力と呼んでいます)電源です。大容量でこのタイプの出力が可能な電源は世界的に見てもほとんどありません。非常に良い製品を取り扱っているのですが市場での認知度は、まだそれほど高いとは言えません。より多くのお客様に、千代田エレクトロニクスを知っていただく必要があると感じていました。

3.この展示会を知ったきっかけは?

NFグループとしては、20年以上前から継続的に出展しています。

4.この展示会に出展申し込みをするまでに何か躊躇すること、障害となることはありましたか?

特にありません。

5.障害をどのように解消しましたか?

特にありません。

6.申し込み(を決定)する際の最後の決め手はなにでしたか?

近年の『電源システム展』は、電源メーカが非常に近い場所に固まって出展される珍しい展示会だと感じています。ご来場いただくお客様は、電源を使用している場合が多いため、認知度を高める良い機会ととらえています。

7.実際に出展してみてどうでしたか?(なにが役にたっていますか?/メリットは何でしたか?)

今回は、電圧1500Vの新モデルの発売や大容量システム(最大750kW)の構築を可能にするパワーディストリビューションユニットなど、新しいソリューションをご紹介する良い機会となったと思います。今後も「電源システム展」を有効に活用させて頂ければと考えております。

出展者インタビュー

ページの先頭へ