ようこそ、展示会!ビジネス・産業振興のために

一般社団法人日本能率協会

出展者の声:JFEプラントエンジ株式会社

プラントにある設備の診断から手直しまでを
ワンストップでできる強みを展示でアピール

出展展示会:メンテナンス・レジリエンス
〜メンテナンス・レジリエンスTOKYOは、製造業・建設業の生産性向上、持続可能な社会資本整備、レジリエンス向上を目指し、9つの専門展示会を同時開催することで、相互の関連性を最大限に引き出し、業界の枠を超えた技術・情報交流を促進する場を提供いたします。〜

展示会サイトへ

JFEプラントエンジ株式会社
営業本部 統括営業部 主任部員/参与 営業本部統括営業部長 開発営業部長

栄木 雅明 氏/稲垣 公章 氏

1.御社の事業内容を教えてください。

エンジニアリング会社として、お客様のプラントで稼働している設備の点検や診断し、必要に応じてメンテナンス・リフレッシュを施して延命化させるといった業務を、機械と電気の両面から計画段階からやらせていただいています。(栄木さん)

2.展示会出展に関してのお立場と役割を教えてください。

ブースの現場レベルの責任者として、展示内容を決めたり、ブース製作などの発注関連などの実務全般を担当しました。(栄木さん) 栄木の上司として、今回の展示の管理者を務めています。(稲垣さん)

3.展示内容の中で最も注目してほしいポイントは?

我々の会社では、“お客様がお持ちの設備をなるべく限界まで有効活用する”ということをモットーに業務にあたっています。そこでカギになるのが、設備の現状を正確に把握するための診断能力。同時にそれは、親会社のJFEスチールの設備で診断に関するノウハウを長年積んできた我々にとっては得意な分野でもあります。そこで今回は、設備の点検・診断から延命化して更新するまでといった業務の流れ、点検から手直しまでがワンストップでできるという我が社の強みを、順を追って説明する展示を行っており、それが我々としても一番アピールしたいところです。(栄木さん)

4.この展示会に出展することを決める前に、業務上でどんな課題を感じていましたか?

展示会に参加し始めた当時の直接の担当者ではなかったので何とも言えないですが、今も昔も課題としてあるのは新規顧客の開拓。未知のお客様と新たな接点を持ちたいということが、展示会出展に至った大きな動機だったのではないでしょうか。(稲垣さん)

5.この展示会を知ったきっかけは?

もともと我が社は、JFEメカニカルとJFE電制という2社が合併してできた会社なのですが、以前は両社ともに当展示会に参加していました。我々の在籍していたのはJFE電制でしたが、先に出展をしていたJFEメカニカルの担当者に勧められて、JFE電制も出展を検討し始めたという話を聞いています。(稲垣さん)

6.この展示会に出展申し込みをするまでに何か躊躇すること、障害となることはありましたか?

異動などの関係で少しブランクがあり、久しぶりに展示会担当を務めたのですが、特に申し込み等に関して戸惑ったりすることはありませんでした。逆に事務局の方には、何かとフォローをしていただいて助かりました。(栄木さん)

7.申し込み(を決定)する際の最後の決め手はなにでしたか?

「プラントメンテナンスショー」というメンテナンスに特化された展示会ということで、各企業で設備メンテナンスを担当されているような、まさに我々が期待している層の方が多く来られる印象があり、他にこういうイベントはないと考えているからです。(栄木さん)

8.実際に出展してみてどうでしたか?

今年のブースは4面展開ができる位置で人通りもかなり多いエリアだったので、恐らく昨年比で3~4割増しの人出となりそう。お配りしているカタログも予想より早くなくなっているので、ついさっき追加補充をお願いしたところです。(栄木さん) 出展し始めた頃は「我が社みたいなBtoB企業に展示会は必要ないだろう」という意見も社内にはありました。ただ実際に出展してみたところ、新しいお客様との接点ができたりといったメリットもありましたし、加えてこういう展示会はお客様や同業他社さんなどに向けて、我が社の業務内容をプレゼンする貴重な機会であるとも捉えているので、今後も出展は続けていくと思います。(稲垣さん)

出展者インタビュー

ページの先頭へ