ようこそ、展示会!ビジネス・産業振興のために

一般社団法人日本能率協会

出展者の声:株式会社保全工学研究所/倉敷紡績株式会社

情報交換や新製品の案内の場として
国外も含め多くのお客様が来てくれる

出展展示会:メンテナンス・レジリエンス
〜メンテナンス・レジリエンスTOKYOは、製造業・建設業の生産性向上、持続可能な社会資本整備、レジリエンス向上を目指し、9つの専門展示会を同時開催することで、相互の関連性を最大限に引き出し、業界の枠を超えた技術・情報交流を促進する場を提供いたします。〜

展示会サイトへ

株式会社保全工学研究所/倉敷紡績株式会社
企画営業部/環境メカトロニクス事業部
情報機器システム部 画像情報課

西山 琴葉 氏/福岡 陽行 氏

1.御社の事業内容を教えてください。

倉敷紡績株式会社では、画像から色々な損傷を見つける検査機器を製造・販売しております。共同出展している株式会社保全工学研究所さんはコンサルティングや点検をしている会社で、この分野でのノウハウを持っていることもあり、コラボして一緒に製品を作ったり、お客様への提供、点検業務などを行なっています。(倉敷紡績株式会社 福岡さん)

2.展示会出展に関してのお立場と役割を教えてください。

普段は一緒に開発しているソフトウェアの販売を主にやっているので、その宣伝などを兼ねて展示会の担当となっています。今回は共同出展ということで、福岡さんと一緒にレイアウトや展示内容について、連絡を取って相談しました。(株式会社保全工学研究所 西山さん)

3.展示内容の中で最も注目してほしいポイントは?

車載型の路面検査コンパクトユニットになります。従来の大型のものですと車線規制をして検査をする必要がありますし、また非常に高額ということもあり、ハイウェイオーナーさんや大きなコンサルティング会社くらいしか扱えないものでした。それを通常の車両に積めるコンパクトな車載型とすることで、高速道路はもちろん、県道や一般道でも検査しやすくなります。(倉敷紡績株式会社 福岡さん)

4.この展示会に出展することを決める前に、業務上でどんな課題を感じていましたか?

毎年出展しているので、とくに課題はありませんでした。いつもは小さなポスターを貼っていたのですが、今回は大きくぱっと見でわかるようにするといった、レイアウト上の工夫をしました。(株式会社保全工学研究所 西山さん)

5.この展示会を知ったきっかけは?

毎年出展していて、新規だけでなく既存のお客様とも連絡が取れ、新たな要望を掘り下げられるというのがあります。また、新しい商品をアナウンスできる場としても活用できることもあり、出展を続けています。(倉敷紡績株式会社 福岡さん)

6.この展示会に出展申し込みをするまでに何か躊躇すること、障害となることはありましたか?

特にありません。

7.申し込み(を決定)する際の最後の決め手はなにでしたか?

どの展示会に出展するかは悩むところですが、展示したい製品に対し、どれだけ確度の高い展示会なのかを精査したうえで決めています。また、ブースを出されている他社さんが同業に近ければ、それだけ多くのお客様にも寄ってもらえます。そういった意味で、弊社の製品に対して適した展示会だと判断しました。(倉敷紡績株式会社 福岡さん)

8.実際に出展してみてどうでしたか?

他の展示会より弊社製品に最初から興味を持ち、詳しい説明を聞きにくるお客様が多いように感じました。(株式会社保全工学研究所 西山さん) 国外からも何社か来ていただいて、そういう意味でも貴重な展示会だと思います(倉敷紡績株式会社 福岡さん)

出展者インタビュー

ページの先頭へ