ようこそ、展示会!ビジネス・産業振興のために

一般社団法人日本能率協会

出展者の声:株式会社レント

数多くのメンテナンス用機械を扱っているので出展する意義があると考えています

出展展示会:メンテナンス・レジリエンス
〜メンテナンス・レジリエンスTOKYOは、製造業・建設業の生産性向上、持続可能な社会資本整備、レジリエンス向上を目指し、9つの専門展示会を同時開催することで、相互の関連性を最大限に引き出し、業界の枠を超えた技術・情報交流を促進する場を提供いたします。〜

展示会サイトへ

株式会社レント
営業部 営業企画サポート課 課長代行

友田 貴恵 氏

1.御社の事業内容を教えてください。

産業用の機械と、建築の機械、車両の総合レンタルサービスを提供している企業です。

2.展示会出展に関してのお立場と役割を教えてください。

出展内容の検討や、ブースでの案内を担当しています。

3.展示内容の中で最も注目してほしいポイントは?

ローラー、クレーン、補修コーナーの3点が個人的に推したい部分です。弊社の場合、自社の製品を展示するのではなく、「こういった商品の貸し出しができる」というアピールの仕方なので、デモを多く取り入れています。

4.この展示会に出展することを決める前に、業務上でどんな課題を感じていましたか?

お客様が機械を取りに来る際に、「これも便利ですよ」とお勧めすると、ほとんどの場合、その機械の存在自体をご存知でないことが多いんです。取扱商品をうまくアピールできていないということだと思います。

5.この展示会を知ったきっかけは?

6回目の出展になりますが、数多くのメンテナンス用の機械を扱っている企業なので、出展する意義があると考えています。

6.この展示会に出展申し込みをするまでに何か躊躇すること、障害となることはありましたか?

特にありません。

7.申し込み(を決定)する際の最後の決め手はなにでしたか?

毎年出展しているので、決め手というよりは、毎年同じ流れで出展に向けて準備するといった方が近いです。また、昨年までの実績として、出展料もカバーできていることが、出展を後押ししている面はあります。

8.実際に出展してみてどうでしたか?

多くのお客様に対して営業ができるのは大きなメリットです。メリットだけでなく、この展示会自体がわくわくできる空間になっていると思いますし、私たちも、毎年出展するのが楽しみなんです。

出展者インタビュー

ページの先頭へ