ようこそ、展示会!ビジネス・産業振興のために

一般社団法人日本能率協会

出展者の声:株式会社フナボリ

感触としては出展のコストを大幅に上回る
リターンがあったと感じています

出展展示会:猛暑対策展
〜「猛暑対策展」は、猛暑対策関連ビジネスの活性化を目的とした専門展示会です。 製造業(工場)、物流業(倉庫)、小売・商社、イベント・レジャー、オフィス、建設業、警備業、集客・商業施設、オフィス等の「暑熱対策」「熱中症対策」「汗・ニオイ対策」「紫外線対策」が必要な方が多く来場される専門展示会です。〜

展示会サイトへ

株式会社フナボリ
営業部長

大井 政之 氏

1.御社の事業内容を教えてください。

主に、工業用の水冷扇を企画、製造しています。冷媒を使ったクーラーではなく自然の風を使って、空気を冷やすという考え方の商品です。企業の工場や倉庫のほか、教育機関の体育館などにも納入しています。

2.展示会出展に関してのお立場と役割を教えてください。

ブースに立って、お客様へ商品を提案させていただいたり、お問い合わせに回答したりといった業務を担当しています。

3.展示内容の中で最も注目してほしいポイントは?

今年は「クールパラソル」という商品を目立たせています。今年の新製品で、パラソルの中心に向かってかぜを吹き上げ、パラソルに入っている人を空気で包むようにかぜを送る商品です。レジャー施設のほか、コンビニの休憩スペースなどへの導入をお勧めしています。

4.この展示会に出展することを決める前に、業務上でどんな課題を感じていましたか?

営業活動の難しさです。お客様にアポを取る部分、せっかくアポを取ってお話をする機会ができても、商談としてまとまらなかったり……皆さん苦労している部分だと思いますが。

5.この展示会を知ったきっかけは?

もともと、私は他業種で、能率協会さんの実施している別の展示会に出展をしていました。弊社の事業内容に合った展示会もあるのでは? と考え、インターネットで調べたのがきっかけだと思います。

6.この展示会に出展申し込みをするまでに何か躊躇すること、障害となることはありましたか?

出展スペースは、運営側に希望を伝えることはできるものの、その通りになるとは限りません。今回は入り口に近かったのでありがたいですが、人があまりこないエリアになったらどうしようと考えることはありました。

7.障害をどのように解消しましたか?

残念ながら人通りの少ないエリアに配置されたときは、地道にパンフレットを配って集客をしました。ネットで告知することも大切です。

8.申し込み(を決定)する際の最後の決め手はなにでしたか?

今年は猛暑が続くらしいことは事前に分かっていたので、決め手というよりも、情報を見つけてすぐに申し込みをしました。

9.実際に出展してみてどうでしたか?

数多くの商談が成立しており、大手企業との大きな取引にも結びつきました。猛暑も手伝ってか、感触としては、すでに出展のコストを大幅に上回るリターンがあったと感じています。

出展者インタビュー

ページの先頭へ