ようこそ、展示会!ビジネス・産業振興のために

一般社団法人日本能率協会

出展者の声:ベステラ株式会社

会えなかった人に会えるという部分が
非常に大きなメリットになっています

出展展示会:スマートエンジニアリング
〜本催しは、工場・プラントと社会インフラの環境対策、省エネ化、IT化の推進を支援する総合エンジニアリングの展示会です。 「プラントエンジ・設備機器展(旧称:省エネ・プラントショー)」、「水イノベーション」、「省エネ・創エネ技術推進展」、「産業廃棄物リサイクル技術展 」、「プロセス産業と IoT&AI 」の5つの専門展示会によって構成いたします。〜

展示会サイトへ

ベステラ株式会社
企画部

前原 昭仁 氏

1.御社の事業内容を教えてください。

弊社は、古くなった製鉄所や発電所、ガスホルダー、プラントなどの解体を主事業とする、解体業者です。

2.展示会出展に関してのお立場と役割を教えてください。

ブース内容の企画から、どんなコンテンツを出展するかの取りまとめを主に担当しました。また、出展にあたっての、事務的な作業も担当しています。

3.展示内容の中で最も注目してほしいポイントは?

溶断ロボットの「りんご☆スター」という製品は、ぜひお客様に見て欲しいと思います。球形のガスホルダーを、りんごの皮を向くように解体できるマシーンです。球形のガスホルダーは、以前はよく見られたのですが、近隣の安全性や、老朽化の面から、解体していく動きが盛んになっています。処理に困っている自治体や企業にぜひ使っていただきたい商品です。

4.この展示会に出展することを決める前に、業務上でどんな課題を感じていましたか?

一番の課題は、「営業が難しい」という点です。というのも、弊社は解体を専業にした企業なので、営業活動は気をつけないと、大きな失礼になる可能性もあります。どうしても、新規開拓が難しいと感じています。

5.この展示会を知ったきっかけは?

すでに3〜4回は出展を続けていますが、元々は、日本能率協会の担当者様からご紹介いただいたのがきっかけだと思います。

6.この展示会に出展申し込みをするまでに何か躊躇すること、障害となることはありましたか?

特にありません。

7.申し込み(を決定)する際の最後の決め手はなにでしたか?

お客様としても、出展者としても、プラントに関係する人が多くいるので、大きなロットの商談に結びつくケースがこれまでにもありました。また、2020年に東京オリンピックを迎えるにあたって、来年のメンテナンスショーはビッグサイトでは開催されないかもしれない……という話もきき、それも決め手になっています。

8.実際に出展してみてどうでしたか?

これまでの営業の仕方では会えなかった人に会える、という部分が非常に大きなメリットになっています。特に、西日本の地域の方や、北海道のお客様からもお声がけをいただけているので、大変ありがたく思っています。

出展者インタビュー

ページの先頭へ