ようこそ、展示会!ビジネス・産業振興のために

一般社団法人日本能率協会

出展者の声:横河ソリューションサービス株式会社

展示会は、新しい製品・サービスをお披露目する最適な場と実感しました

出展展示会:メンテナンス・レジリエンス
〜メンテナンス・レジリエンスTOKYOは、製造業・建設業の生産性向上、持続可能な社会資本整備、レジリエンス向上を目指し、9つの専門展示会を同時開催することで、相互の関連性を最大限に引き出し、業界の枠を超えた技術・情報交流を促進する場を提供いたします。〜

展示会サイトへ

横河ソリューションサービス株式会社
執行役員 ソリューションビジネス本部長
操業改善アドバイザー

勝木 雅人 氏

1.御社の事業内容を教えてください。

当社は2013年に設立したYOKOGAWAグループの一員です。YOKOGAWAグループは103年の歴史があり、これまで製造業やインフラ事業のお客様を主な対象として計測と制御と情報をテーマにお客様と共に新しい価値を創造してまいりました。当社は、お客様の課題を解決するためのコンサルティングおよびソリューションのサービスを提供する事業を行っております。

2.展示会出展に関してのお立場と役割を教えてください。

ブースの総責任者の立場で、出展準備段階では出展内容の取りまとめを行い、出展時は主にVIPのお客様の対応をしています。

3.展示内容の中で最も注目してほしいポイントは?

お客様のメンテナンス業務を革新する“プラント・工場常時見守りソリューション”です。このソリューションは、当社が独自開発したSushi Sensor というIIoT小型無線センサー、装置状態自動分析パッケージ(DUCSOnEX)そして光ファイバー温度センサーといった各種センサーをプラントの各装置・機器に取り付けてその状態を常時監視し、プラント・工場全体の健全性を自動で監視できる実践的IIoTシステムです。このシステムを構築するにあたっては、YOKOGAWAのビッグデータ処理技術や機械学習などの最先端技術が盛り込まれています。今回、初公開です。お客様のメンテナンス業務における人手不足解消や業務効率化に貢献できると考えております。

4.この展示会に出展することを決める前に、業務上でどんな課題を感じていましたか?

先ほどご紹介した“プラント・工場常時見守りソリューション”のような全く新しい概念のソリューションを、どのように広く紹介し、多方面からご意見を頂けるかという方法について課題を感じておりました。

5.この展示会を知ったきっかけは?

この展示会は以前から存じ上げており、4~5年ほど前からだったと思いますが継続して出展させて頂いております。

6.この展示会に出展申し込みをするまでに何か躊躇すること、障害となることはありましたか?

特にありません。毎年、積極的に出展させていただいていますが、展示場のどの場所を頂けるかについては、いつもハラハラ・ドキドキして連絡を待っています。

7.申し込み(を決定)する際の最後の決め手はなにでしたか?

毎年のことですが、やはり出展によってどれだけビジネスを拡大できるか、新しい製品・サービスに対してどれだけ多くのご意見を頂けるかといったことがポイントで、展示会のテーマ、来場者の予定者数規模や業種の広さ、そして幅広い業務・役職の方が来場されるか、といったことが決め手となります。

8.実際に出展してみてどうでしたか?

今回、当社として新しく画期的な“プラント・工場常時見守りソリューション”を展示させて頂きましたが、連日、大変多くのお客様にご来場いただき、幅広いご意見やご要望を伺うことができました。当初設定した目標を大幅に達成し、満足しております。

出展者インタビュー

ページの先頭へ