ようこそ、展示会!ビジネス・産業振興のために

一般社団法人日本能率協会

出展者の声:株式会社トプコン

1件1件異なるお客様のニーズとi-Constructionを上手に結びつけていきたい

出展展示会:メンテナンス・レジリエンス
〜メンテナンス・レジリエンスTOKYOは、製造業・建設業の生産性向上、持続可能な社会資本整備、レジリエンス向上を目指し、9つの専門展示会を同時開催することで、相互の関連性を最大限に引き出し、業界の枠を超えた技術・情報交流を促進する場を提供いたします。〜

展示会サイトへ

株式会社トプコン
スマートインフラ事業本部/スマートインフラマーケティング部 /営業企画課 課長

富田 克則 氏

1.御社の事業内容を教えてください。

弊社はi-Constructionでいえば三次元を計測する装置と、重機を自動制御する、ICT建機として利用するためのセンサ を自社で開発して販売している会社です。建機メーカー製の一般的な重機に、弊社のセンサとマシンコントロールシステムを搭載して頂ければ、ICT建機として活用できるというものです。

2.展示会出展に関してのお立場と役割を教えてください。

企画から総責任者としてこのブースを取り仕切っている立場です。

3.展示内容の中で最も注目してほしいポイントは?

今回の当ブースは半分をシアターにしておりまして、お客様の成功事例をまとめた映像をお見せしています。まず製品ありき、ではなく、最初にお客様のニーズがあり、そこから生産性向上のためにどんな努力をされたのか、その中で弊社の機器やシステムがどのような貢献を果たしたのか、といったことを先にご理解頂き、その上で実際の製品をご覧頂くというコンセプトになっております。 今後i-Constructionの導入を検討されている方々に成功事例を見て頂くことで、では自社の場合はどうだろう?といったように考えるきっかけを提案したい、ということですね。

4.この展示会に出展することを決める前に、業務上でどんな課題を感じていましたか?

一番大きな課題は、昨今建設業界向けのこういった展示会が少なくなっており、PRをしようにもその場が無かったことですね。ですので弊社では独自の展開会を開催するなどしてきまして、それはそれで盛況ではあったのですが、やはり来て頂くお客様が弊社のルートで集められる方面に偏ってしまうという問題はありました。

5.この展示会を知ったきっかけは?

展示会は様々なものを常にチェックしていますし、こちらの主催者様からのアプローチもありました。

6.この展示会に出展申し込みをするまでに何か躊躇すること、障害となることはありましたか?

i-Construction展2回目ということで、当初想定では昨年より規模を拡大してもっと多くの建機メーカーさんやi-Constructionに関連する業者さんたちが出展されているだろうと思っていたところが、いざ正式に発表になってみると意外にそうでもなかったことです。 当初案内を頂いた時点で多くの企業さんが出展を計画している、というお話しだったので、関連会社でもライバル会社でも、多くの企業がこの分野に進出していることを示すことがお客様を集める一番のアピールと考えて弊社も出展を決定したのですが、正式発表になった時点で想定外に出展企業が少なかったため、弊社も出展を取りやめるべきでは、という話になりました。

7.障害をどのように解消しましたか?

少ないなら少ないで、出展すれば関心のあるお客様は必ず見に来て頂けるだろうと考え、チャンスだと捉えることにしました。

8.申し込み(を決定)する際の最後の決め手はなにでしたか?

他にいくつもの展示会が併催される合同展なので、i-Construction展の出展社が少なくても全く異なる分野や、普段の営業で接点を持つことが難しいお客様との接点が持てることを期待しました。

9.実際に出展してみてどうでしたか?

今回前問のような理由で1つターゲットにしていたのが自治体の方です。自治体は業務を発注する側になりますので、発注側にもi-Constructionについて知って頂きたかったからです。自治体向けのセミナーも行っていますが、実際いくつかの自治体担当者様にご覧頂けていますし、他の同系の会社関係の方も多く見えられて、希望していたターゲットへのアピールの面ではまずまずの手応えと感じています。

出展者インタビュー

ページの先頭へ