ようこそ、展示会!ビジネス・産業振興のために

一般社団法人日本能率協会

出展者の声:ナブテスコ株式会社

新しい分野へ機械を提供し
裾野を広げたいと考えていました

出展展示会:メンテナンス・レジリエンス
〜メンテナンス・レジリエンスTOKYOは、製造業・建設業の生産性向上、持続可能な社会資本整備、レジリエンス向上を目指し、9つの専門展示会を同時開催することで、相互の関連性を最大限に引き出し、業界の枠を超えた技術・情報交流を促進する場を提供いたします。〜

展示会サイトへ

ナブテスコ株式会社
技術本部 ナブテスコR&Dセンター
電気電子エンジニアリング部
IoTエンジニアリンググループ参事

倉本 周憲 氏

1.御社の事業内容を教えてください。

ナブテスコは、「うごかす」「とめる」技術により、さまざまな分野で人々の暮らしを支えています。このモーションコントロール技術を事業の核とし、鉄道や航空、船舶、自動車などの輸送分野から、産業用ロボット、建設機械、自動ドア、福祉機器などの産業・生活・環境分野にいたるまで、広範な領域で事業を展開してきました。

2.展示会出展に関してのお立場と役割を教えてください。

今回の展示会出展については、管理責任者となります。私自身は、出展を計画する段階で 目的や予算を固めて会社に出展を要請しています。

3.展示内容の中で最も注目してほしいポイントは?

予知保全の分野の出展物に注目して欲しいです。油の状態を見て、壊れる前にメンテナンスをしようという「オイル診断計」は注目度が高いのではないでしょうか。

4.この展示会に出展することを決める前に、業務上でどんな課題を感じていましたか?

私が所属する電気電子エンジニアリング部では、新事業の立ち上げにも関わっていますが、技術本部には営業部門がなく、お客様の声を聴く機会が少ないと感じていました。新しい分野にも製品を提供し、裾野を広げたいと考えていました。

5.この展示会を知ったきっかけは?

2015年に日本能率協会さんから案内をいただいたのがきっかけです。それから展示会のことを詳しく調べて、新しいニーズを開拓するきっかけになるのでは?と考えました。

6.この展示会に出展申し込みをするまでに何か躊躇すること、障害となることはありましたか?

特にありません。。

7.申し込み(を決定)する際の最後の決め手はなにでしたか?

メンテナンス・レジリエンスTOKYOには、機械、設備のメンテナンスについて感度の高い方が集まります。「油の劣化」というキーワードにも敏感に反応していただけるのではないかと考えました。

8.実際に出展してみてどうでしたか?

営業ができるのもメリットですが、さまざまな業種のお客様の意見をきいて、製品の改善に活かせることも、大きなメリットだと感じています。

出展者インタビュー

ページの先頭へ