ようこそ、展示会!ビジネス・産業振興のために

一般社団法人日本能率協会

出展者の声:カンケンテクノ株式会社

出展者同士で知り合えるのも大きなメリット
近い業種のお客様とは商談もまとまりやすい

出展展示会:スマートエンジニアリング
〜本催しは、工場・プラントと社会インフラの環境対策、省エネ化、IT化の推進を支援する総合エンジニアリングの展示会です。 「プラントエンジ・設備機器展(旧称:省エネ・プラントショー)」、「水イノベーション」、「省エネ・創エネ技術推進展」、「産業廃棄物リサイクル技術展 」、「プロセス産業と IoT&AI 」の5つの専門展示会によって構成いたします。〜

展示会サイトへ

カンケンテクノ株式会社
営業本部 営業部 副部長

福島 篤 氏

1.御社の事業内容を教えてください。

1978年に創業した、排ガス処理装置、脱臭装置を専業としているメーカーです。大きく分けると、工場の排ガスを処理し、近隣への匂いのもれを防ぐ商品と、半導体の製造過程で出る、法律で処理が定められたガスを処理する商品を提供しています。

2.展示会出展に関してのお立場と役割を教えてください。

ブースの責任者として、出展内容や、出展物の配置などを決める立場です。

3.展示内容の中で最も注目してほしいポイントは?

環境対策、特に臭いに対する対策の部分は注目してほしいポイントです。色々な大きさや処理方法の商品があり、多様なクライアントのニーズに応えられます。

4.この展示会に出展することを決める前に、業務上でどんな課題を感じていましたか?

PRの場が十分でないと感じていました。地道に営業を続けていても効果は限られているので、どうしてもインターネットを活用したPRが中心になっている部分がありました。

5.この展示会を知ったきっかけは?

8年連続で出展させていただいていますが、成約率も非常に高く、効果が感じられるので、出展を続けています。

6.この展示会に出展申し込みをするまでに何か躊躇すること、障害となることはありましたか?

特にありません。

7.申し込み(を決定)する際の最後の決め手はなにでしたか?

さまざまな業種のお客様と知り合えることも重要ですが、出展者同士で知り合えるところを大きなメリットと捉えています。近い業種のお客様とは、商談もまとまりやすく、実際に成約した例もたくさんあります。

8.実際に出展してみてどうでしたか?

リーマンショックが起きたときに、同業他社はこういった展示会への出展を一斉にやめてしまった時期がありました。私たちは、その時期をチャンスと捉え、出展し続けていたんです。そうしたことで、カンケンテクノの知名度を一気に広められたと感じていますし、あの時期に出展を続けていたから、いまのカンケンテクノがあると思っています。

出展者インタビュー

ページの先頭へ