ようこそ、展示会!ビジネス・産業振興のために

一般社団法人日本能率協会

出展者の声:株式会社指月電機製作所

電源やエレクトロニクスなど幅広い内容 PRしたい部分が合致する技術系展示会

出展展示会:テクノフロンティア
〜TECHNO-FRONTER は、メカトロニクス、エレクトロニクス及びそれらに関連する専門領域の最新技術と製品が展示され、各領域に対応した技術シンポジウムが開催される、アジア最大級の専門トレードショー&カンファレンスです。〜

展示会サイトへ

株式会社指月電機製作所
営業本部 マーケティング企画部 部長

植村 智幸 氏

1.展示会出展に関してのお立場と役割を教えてください。

当社ではマーケティング企画部で展示会の企画をしています。私はその責任者です。社長に稟議は通しますが、出展するしないの方針を決める立場です。

2.この展示会に出展することを決める前に業務上でどんな課題を感じていましたか?

何年も前から出展していて、今回の出展で特にという課題はないです。例年通り、商品や技術力、企業ブランドのPRです。

3.この展示会を知ったきっかけは?

『TECHNO-FRONTIER』は、電源やエレクトロニクス関係など、幅広い内容の展示会だと認識しています。当社はコンデンサやモジュール、電気機器システムなどを扱っており、家電製品よりも産業機器に強いメーカーです。このため『TECHNO-FRONTIER』は当社のPRしたい内容に合っていると考えています。加えて、当社のクライアントがモーター展やノイズ対策展などに出展しているので、そちらから流れてくるお客様もいて相乗効果にもなっています。

4.この展示会に出展申し込みをするまでに何か躊躇すること、障害となることはありましたか?

障害は特にありませんでしたが、敢えて言うなら、費用対効果が見えづらいことです。展示会はすぐに結果が出るものではないのは社内でも理解してもらっていますし、商品の販促だけでなく、技術力のアピールや企業PRにもなることなども承知してもらっています。しかし“では経費はどのくらいが適当なのか”と問われると、やはり数字を明確化して説明するのは難しいです。上層部にどう評価してもらうかいつも苦心します。

5.障害をどのように解消しましたか?

予算は年次で組んでいて、年間で出展する予定の展示会のそれぞれの分を一度に、社長から承認してもらう仕組みになっています。毎回、今年はこの展示会ではこういうコンセプトでいくと説明して承認してもらっています。

6.申し込み(を決定)する際の最後の決め手はなにでしたか?

当社は日本能率協会の会員になっています(H201404-0013)。このため、案内などを早めにご紹介いただき、展示する場所も便宜が得られるので、これが最後の一押しになっています。

7.実際に出展してみてどうでしたか?(なにが役にたっていますか?/メリットは何でしたか?)

初日は天気がぐずついて少し不安でしたが、2日目、3日目と天気も回復し、来場者が増えてホッとしています。体感では昨年より多くのお客が来ているように感じます。昨年より来場者があちこちのブースを周りやすくなっていて、当社のブースにも足を向けてくれているのかもしれません。当社がPRしたい商品と来場者のプロファイルは合っていますので、訪れてくれたお客様の期待に沿える新商品も多いのではないかと思います。出展したことが成果に繋がることを期待しています。

 

 

出展者インタビュー

ページの先頭へ