ようこそ、展示会!ビジネス・産業振興のために

一般社団法人日本能率協会

出展者の声:株式会社 みすず工房

ターゲットがある程度絞られていて、ほどよい出展規模が決め手

出展展示会:アグロ・イノベーション
〜農作物の生産、収穫における技術・サービスが一堂に会する専門展示会〜

展示会サイトへ

株式会社 みすず工房
代表取締役

石原 基成氏

1.この展示会に出展することを決める前に業務上でどんな課題を感じていましたか?

以前メーカー勤務で営業や販促企画などを担当していたこともあり、ある程度の予算感や展示会出展のメリットなどは理解していました。どちらかというと、最初からマーケティング戦略として展示会出展を検討していた感じです。また、過去の実績から、1社単独より、2~3社で共同出展したほうがPR効果が高いことがわかっていましたので、展示会に出展することを前提にパートナー企業様にお声がけさせていただいていました。

2.この展示会を知ったきっかけは?

イベントは以前よりよく知っていました。
過去には別の展示会には出展した経験もあります。今回のアグロ・イノベーションはターゲットがある程度絞られていて的を得ていたと感じます。

3.この展示会を知って出展申込をするまでに何か躊躇すること、障害となることはありましたか?


もともと出展は検討していましたが、実際に出るとなると、やはりある程度コスト面での課題は気になりました。そこで、共同出展という形で検討するようにしました。
コスト面での解決策にもなりますし、展示会のような場所では、1社単独での提案より、複合的に提案ができた方が、来場してくれた方にはメリットがあると考えたからです。
またそうすることによって、我々にとってもビジネスが広がる可能性があります。

5.申込(を決定)する際の最後の決め手はなにでしたか?

マーケティングの要素をよく考えた上で、当初より展示会出展を検討していました。大きな展示会に出展した経験はありますが、アグロ・イノベーションは初めてとなるので、試してみようという気持ちがありました。あとはパートナーさんにもご意見頂いた結果出展を決めました。

6.実際に出展してみてどうでしたか?(なにが役にたっていますか?メリットは何でしたか?)

展示会で知り合った方と具体的なビジネスが進んでいます。
政府関係者の来場も多いので、そちらからの問い合わせもつながっています。
地方企業や全国展開している商社など、多数問い合わせが来ている状態です。

7.今後、この展示会に出展しようと考えている方へのメッセージ。

地方への営業や遠方への出張費を考えると、展示会であれば、数日で何百名と名刺交換ができるので、効率が良いと考えています。ただ、厳しい言い方になるかも知れませんが、「商品を作ったので、PRしたいから、展示会に出よう」とう考えでは、高い費用を投入しても費用対効果は望めません。ユーザーの立場になって、どういったターゲットにどうやったらメリットを提供できるかを掘り下げて考えた上で出展を決めるべきだと思います。

語弊があるかもしれませんが、検討しているのであれば、一度出展されて、失敗してみてもいいのではないでしょうか

出展者インタビュー

ページの先頭へ