ようこそ、展示会!ビジネス・産業振興のために

一般社団法人日本能率協会

出展者の声:日本航空株式会社

地域の外に出て情報に触れることで、自分たちの地域が持っている魅力が再確認できる

出展展示会:インバウンドマーケットEXPO
〜訪日外国人対応の強化を支援する製品・サービスの商談専門展示会です〜

展示会サイトへ

日本航空株式会社
経営企画本部 地域活性化推進本部 部長

竹田 亨 氏

1.展示会出展に関してのお立場と役割を教えてください。

今回の展示会では、インバウンド需要を取り込もうと考えている地域や自治体の出展をサポートさせていただきました。コーディネーターのような役割ですね。

2.この展示会に出展することを決める前に業務上でどんな課題を感じていましたか?

インバウンドは伸び続けていますが、それらの人々に対して、まだまだ地方の良さは十分にお伝えできていないと痛感しています。同じように認識をしておられる地域や自治体は数多くあり、情報発信をどうするかが課題でした。

3.この展示会を知ったきっかけは?

主催者である日本能率協会の方からお声がけをいただきました。

4.この展示会を知って出展申込をするまでに何か躊躇すること、障害となることはありましたか?

『インバウンドマーケットEXPO』は、今回はじめての開催する展示会だったので、参加することのメリットを地域や自治体のみなさんに、どうやって説明していくのか、納得していただけるか、という点が難しかったですね。それと、仕掛けの時期が遅かった。自治体は、あらかじめ年度の予算がガチガチに決まっているので、年度中にお声がけしても“今年はもう動けない”となることが多いんです。

5.障害をどのように解消しましたか?

人と人のつながりですね。今回、実際にお声がけさせていただいた自治体の約半数にご出展いただくことができましたが、その多くは、すでに弊社と連携協定を結んでいる自治体です。日頃から培ってきた信頼関係があるからこそ、地域や自治体のみなさんにご協力をいただけたと思っています。

6.申込(を決定)する際の最後の決め手はなにでしたか?

自治体と一緒に来られなければ、出展を辞退していたと思います。きちんとした事業者を連れてくることができたので、『インバウンドマーケットEXPO』へ出展することを決めました。

7.実際に出展してみてどうでしたか?(なにが役にたっていますか?メリットは何でしたか?)

『インバウンドマーケットEXPO』は初回なので、まだ効果はわかりませんが、同時開催している展示会『HCJ』との相乗効果で、来場者が多いのはありがたいです。弊社が主催するセミナーも、立ち見が出るほど盛況でした。あとはB to Bが中心の展示会なので、ビジネスに踏み込んだ話がしやすいのもメリットですね。

8.今後、この展示会に出展しようと考えている方へのメッセージ。

よそを見て回るということも大事です。地域の外に出て情報に触れることで、自分たちの地域が持っている魅力が再確認できると思います。そして、展示会のような場所に参加して、いろいろな人と触れ合う機会を増やしてもらえれば、その魅力の伝え方がわかるはず。また、一緒にビジネスができるパートナーが見つかるという意味でも、展示会は良い場所です。まず、見るだけでもかまいませんので、会場まで見に来てほしいですね。

出展者インタビュー

ページの先頭へ