ようこそ、展示会!ビジネス・産業振興のために

一般社団法人日本能率協会

出展者の声:AWAFU.TOKYO

出展したことで自社のビジネスに活用できるヒントを数多く得られた

出展展示会:インバウンドマーケットEXPO
〜訪日外国人対応の強化を支援する製品・サービスの商談専門展示会です〜

展示会サイトへ

AWAFU.TOKYO
代表

鈴木 恵悸 氏

1.展示会出展に関してのお立場と役割を教えてください。

代表としてブース全体を担当しています。

2.この展示会に出展することを決める前に業務上でどんな課題を感じていましたか?

和の文化としての着物が、海外で注目されている反面、国内では着るあてがほとんどない着物をどうすればよいか困っている、という状況があります。弊社は、縁あって東日本大震災や熊本地震の被災者と、その地域の支援団体などの協力を得て、着物生地を再生した製品の製造を行なっています。この着物を通して、社会の輪をつないでいく活動そのものをより広く知っていただきたいと思っていました。特に海外で、日本の文化や着物に興味を持たれている方々に、製品の情報を届けるには、どうすれば効果的だろうかと考えていました。

3.この展示会を知ったきっかけは?

弊社の営業担当者が、前職で『インバウンドマーケットEXPO』に出展していた経験があり、そこから、この展示会の内容を伝え聞きました。

4.この展示会を知って出展申込をするまでに何か躊躇すること、障害となることはありましたか?

展示会に出展するのは今回がはじめてですので、出展して具体的に何をすればよいのかというノウハウも、どのような形でビジネスに結びつけていけば良いのかというビジョンも定まっておらず、出展の申し込みをする前は、正直いって不安やためらいはありました。

5.障害をどのように解消しましたか?

文字どおり、右も左も分からない状態でしたが、社内外でつながりのある展示会の出展を経験してきた方々からご支援をいただき、必要な事柄をひとつひとつ準備をしていきました。また、その過程を通じて、『インバウンドマーケットEXPO』への出展に対する目的意識がより明確になっていきました。

6.申込(を決定)する際の最後の決め手はなにでしたか?

自社の製品とその製作に関わる多くの皆さんの活動は、胸を張って世に出していけるものだというプロダクトへの自信と、この事業を応援して下さる多くの方々の声に、背中を押していただきました。

7.実際に出展してみてどうでしたか?(なにが役にたっていますか?メリットは何でしたか?)

期待と不安と半々の心境でしたが、多くの方が当社のブースで足を止めて下さり、予想以上の手応えがありました。自分自身も出展する側に立ったことで、これまでとは異なる視点から展示会や他社さんのブースを見ることができ、今後、自社のビジネスに活用できるヒントを数多く得られています。そういった見識が広がるという面でも、出展したことには、とても有意義な経験ができていると思います。

8.今後、この展示会に出展しようと考えている方へのメッセージ。

『インバウンドマーケットEXPO』への出展が、新しいビジネスのきっかけになることはもちろんですが、出展に向けて準備する過程で、自社の魅力や弱点などを発見できます。業務改善につながる効果も期待できますので、まず1回出展されてみてはいかがでしょうか。

出展者インタビュー

ページの先頭へ