ようこそ、展示会!ビジネス・産業振興のために

一般社団法人日本能率協会

出展者の声:ユニバーサルエージェント株式会社

顧客を意識した“マーケットイン”を重視。そのために展示会を活用している。

出展展示会:HCJ
〜ホスピタリティとフードサービスの商談専門展示会〜

展示会サイトへ

ユニバーサルエージェント株式会社
代表取締役社長

若泉 統一郎 氏

1.展示会出展に関してのお立場と役割を教えてください。

総責任者として全体的な企画立案を担当しました。展示物のピックアップやレイアウトだけでなく、今回用意したリーフレット、カタログ、映像など含めて、すべての制作に関わりました。生まれて3年目のベンチャー企業なので、私が中心となってやらせていただいています。

2.この展示会に出展することを決める前に業務上でどんな課題を感じていましたか?

以前に私が勤務していた別の会社では、商品企画はメーカー側の発想に基づいて、いわゆる“プロダクトアウト”で行なっていました。ですが、弊社では顧客を意識した“マーケットイン”でやっていきたかった。試作品や新商品を出し、ユーザーの声を聞き、商品開発に反映させたいと考えていました。そこで、どうすればお客さまの声を聞けるかが問題になりました。もちろん最初は取引先も少ないのですが、一般的にいってメーカーは、ユーザーと直接お話しする機会自体が少ないわけです。そこで展示会を活用できないかと考えました。

3.この展示会を知ったきっかけは?

お付き合いしているクライアントから“効果があるよ”と紹介されました。展示会のウェブサイトもチェックしましたね。

4.この展示会を知って出展申込をするまでに何か躊躇すること、障害となることはありましたか?

出展料の負担や展示物の準備など、あらゆることがハードルでした。費用対効果の面では正直、最初は半信半疑でした。また、できたばかりの会社なので、マンパワーが足りるのかも不安でした。

5.障害をどのように解消しましたか?

実際に出展した方々のお話を聞いたり、レポートを読んだりするうちに“とにかく一度やってみよう!”と思いました。

6.申込(を決定)する際の最後の決め手はなにでしたか?

イベントの知名度ですね。ほかの展示会と比べても来場者数が圧倒的ですから。それと、ユーザーが数多く来られることが、私どもの目的と一致していました。それが決め手です。

7.実際に出展してみてどうでしたか?(なにが役にたっていますか?メリットは何でしたか?)

出展するのは3回目ですが、これまでのところ、想像を大きく上回る成果があります。創業当初、取引先は10社ほどだったんですが、今では約500社。そのなかでも、この展示会で出会い、つながることができたお客さまが非常に多いです。成約にもつながっていますし、売上も10倍以上に伸びています。この展示会に出れば出るほど、効果があがっていると実感できます。ベンチャー企業としては大変ありがたいことです。また、1年目より2年目、2年目より3年目と、商品もどんどんレベルアップしたものをお客さまにご覧いただいています。一方で、ご意見もいただいて商品のクオリティをもっともっと上げていける。だから、今後も継続して出展したいですね。

8.今後、この展示会に出展しようと考えている方へのメッセージ。

“とにかく一度やってみよう!”とはじめましたが、1回だけでなく、何回も継続してやることが大事だと、いまでは思います。続ける熱意が大切です。新しい会社、私どものようなベンチャー企業も含めて、夢とかロマンを持った方、そういった方々に熱意があれば、必ず成功できると思います。

出展者インタビュー

ページの先頭へ