ようこそ、展示会!ビジネス・産業振興のために

一般社団法人日本能率協会

出展者の声:公益財団法人長野県中小企業振興センター

全国食品博エリアに対するバイヤーたちの関心も年々高くなっている

出展展示会:FOODEX JAPAN
〜アジア最大級の食品・飲料専門展示会です。食品業界のビジネス拡大支援と最新トレンドを発信、世界各国からバイヤーが集まる食の祭典。〜

展示会サイトへ

公益財団法人長野県中小企業振興センター
マーケティング支援センター 主査

大給 政信 氏

1.展示会出展に関してのお立場と役割を教えてください。

事務局への出展申し込みから、県内企業に対しての出展募集、出展者のための準備説明会、会期中支援、会期後支援などを行っています。

2.この展示会に出展することを決める前に業務上でどんな課題を感じていましたか?

当財団は長野県の加工食品製造業の振興を目的として活動しており、以前から『スーパーマーケット・トレードショー』に、長野県パビリオンとして出展してきました。小売業関係者の来場が圧倒的な『スーパーマーケット・トレードショー』への出展は、小売向け商品として6次産業化認定事業者などが自社の農産物を商品化するときの最初の形態であることもあり、こちらのニーズとも合致していました。しかし、各企業が徐々に取引を拡大し、業務筋への大量流通を目的とした販路開拓を検討が必要になり、別のアプローチを探しました。

3.この展示会を知ったきっかけは?

アジア最大級の食品と飲料の展示商談会であるとは以前から認知していましたし、海外での認知度も非常に高いことも聞いていました。

4.この展示会を知って出展申込をするまでに何か躊躇すること、障害となることはありましたか?

出展に際して躊躇や障害はありませんでしたが、県内企業に対して『FOODEX JAPAN』の特長をどう周知していくかが課題でした。

5.障害をどのように解消しましたか?

長野県内の各拠点に、食品の販路開拓に専門的知識を持った4名の消費財販路開拓推進員(コーディネーター)を配置し、県内事業者に『FOODEX JAPAN』を活用した販路開拓の有効性を周知しました。

6.申込(を決定)する際の最後の決め手はなにでしたか?

前述のとおり、フードサービス関係者の来場が多い点。特に海外販路開拓につながる海外バイヤーの来場が多いことが決め手となりました。

7.実際に出展してみてどうでしたか?(なにが役にたっていますか?メリットは何でしたか?)

『FOODEX JAPAN』への出展は、今年で7年連続となりますが、この展示会がきっかけで業務用商品の販路開拓が実現した事業者や、香港・シンガポール・北米・欧州との取引を開始した事業者もあります。長野県内の加工食品製造業などにとって、今や『FOODEX JAPAN』はなくてはならない展示会となりました。回を経るごとに来場者は増加していますし、全国食品博エリアに対するバイヤーたちの関心も年々高くなっているのを、実際に出展していてひしひしと感じます。また賑わいがありながらも、落ち着いた雰囲気の中で商談ができるのも『FOODEX JAPAN』の魅力のひとつではないかと。素晴らしい展示商談会であると感じています。

 

 

 

出展者インタビュー

ページの先頭へ