ようこそ、展示会!ビジネス・産業振興のために

一般社団法人日本能率協会

出展者の声:株式会社ティアンドエス ラボラトリ

どうしても高級な名札をつくりたくてホテル業界向けの展示会に出展

出展展示会:HCJ
〜ホスピタリティとフードサービスの商談専門展示会〜

展示会サイトへ

株式会社ティアンドエス ラボラトリ
代表取締役社長

佐藤 敦 氏

1.展示会出展に関してのお立場と役割を教えてください。

代表者として全体を担当しました。

2.この展示会に出展することを決める前に業務上でどんな課題を感じていましたか?

当社では事業のツテがあまりないことが課題でした。事業を広げるための人脈づくりができると考えて出展しています。

3.この展示会を知ったきっかけは?

当社は元々金属加工が業務のベースで、計測などに使うノギスを作っていました。その技術を名札に応用しているのですが、どうしても高級な名札をつくりたくて、そのターゲットをホテル業界向けに定めました。いろいろと調べたときに、ホテル業界向けの展示会は『HCJ』が最適だと判断して、出展する1年前には下見に来て“ああ、こういう感じか”となり、それで翌年から出展しています。その時点で、ここに出展することのメリットは明確に見えていました。

4.この展示会を知って出展申込をするまでに​何か躊躇すること、障害となることはありましたか?

障害は特になかったのですが、名札を扱っているところが、ほかになかったので、出展した場合、会場に馴染むのか馴染まないのかの判断だけは迷いました。実際に出展してみたら周囲から浮いてしまうのではないか、それだけが不安でしたね。

5.障害をどのように解消しましたか?

出展前、下見で会場を訪れたときに、出展を予定しているコーナーの周囲で、当社が来年こういう内容で出展したらどう思うかということを、出展者に訊いて回りました。その内容なら良いのではないかという答えが多く、背中を押されましたね。

6.申込(を決定)する際の最後の決め手はなにでしたか?

展示会への来場者が多いことです。先述のとおり、事業のツテをあまり持っていないため、人脈を広げられると判断したことが決め手です。

7.実際に出展してみてどうでしたか?(なにが役にたっていますか?メリットは何でしたか?)

来場者のみなさまに対して、かなりの人数に話を聴いていただき、期待したとおりの結果が出ています。もちろん、今日すぐに仕事を受注というわけではなく、半年後とか名刺を渡したこちらも忘れた頃に連絡が来て仕事になることも多いです。そういうのは、すごくうれしいですね。去年は、出展場所がもう少し中のほうでしたが、今年は敢えて角のブースを選びました。角のほうが人の通りが2つに増えますから、目に付きやすいですし、こちらも人を呼び止めやすくなります。今年の出展でも、かなりの手応えがありますね。去年は20~30社ほど、何らかの形でつながりがつくれました。今年も期待できそうです。

8.今後、この展示会に出展しようと考えている方へのメッセージ。

ほかにも、ホテルやレストラン系の展示会はありますが、当社がその中で敢えて『HCJ』を選んでいるのは、違う業界でも参入しやすいからです。また、ほかの展示会と比べると、連絡も早めの時期からくれるのがありがたいですね。ほかのところだと、連絡がぎりぎりまで来なくて、当日までに何をやればいいのか、わからないこともありました。詰め込むだけ詰め込むタイプの展示会だと、参加企業は増えますが、会場がゴミゴミして通路の幅も狭くなり、全体的に居心地が悪くなります。『HCJ』は会場がきれいで、通路の幅などもゆとりがあるのが良いです。

出展者インタビュー

ページの先頭へ