ようこそ、展示会!ビジネス・産業振興のために

一般社団法人日本能率協会

出展者の声:株式会社かんざし

招待客から「次回は是非専用ブースを出したい!」と思い出展を即決

出展展示会:HCJ
〜ホスピタリティとフードサービスの商談専門展示会〜

展示会サイトへ

株式会社かんざし
専務取締役

西 宣明 氏

1.展示会出展に関してのお立場と役割を教えてください。

今回は総責任者として出展の準備全般を取り仕切ってまいりました。

2.この展示会に出展することを決める前に業務上でどんな課題を感じていましたか?

PRの質を高めたいと考えていました。より多くのお客さまに弊社を知っていただき、商品の認知度が高まったと、確かに実感できるような場を求めていました。

3.この展示会を知ったきっかけは?

元々、弊社とお付き合いのある会社が『HCJ』に出展されていまして、誘っていただき、来場しました。初回は招待客として来場しましたが、いろいろな会社の展示を見てまわったのですが、その段階で“次回は展示する側に回ろう!”とすぐに決断しました。

4.この展示会を知って出展申込をするまでに何か躊躇すること、障害となることはありましたか?

『HCJ』に出展すること自体はもう決めていたので、ためらいはありませんでしたが、じっさいの展示内容をどうするかは手探りの状態でした。

5.障害をどのように解消しましたか?

最初は、他社さんのブースの一角を間借りする形で参加させていただきました。その際の経験を活かして、いまでは自社ブースでの出展にこぎつけることができています。また、主催者・事務局からは、出展に際して説明会があり、招待券もじゅうぶんな枚数を用意していただくなどのサポートもあって、とても助かりました。

6.申込(を決定)する際の最後の決め手はなにでしたか?

展示会の開催期間が長く、来場者も非常に多いため、出展料の負担は十分な費用対効果があると判断して、出展することを決めました。

7.実際に出展してみてどうでしたか?(なにが役にたっていますか?メリットは何でしたか?)

確実にビジネスチャンスが広がっているのを感じます。新しく接点が増えるのはもちろん、既存のお客さまにもブースにお越しいただくことで、生の声や改善の要望を聞いたり、新商品をご提案できたりと、継続したお付き合いにも有益な場です。その一方で、同業他社さんともお会いして情報交換ができますし、他社の出展を視ることも非常に勉強になります。また、東京のスタッフだけではなく、九州の事務所のスタッフも含め、社員全員が必ず1日はブースに立つことにより、全社一丸の意識も生まれますね。

8.今後、この展示会に出展しようと考えている方へのメッセージ。

展示会に出展しても、ただブース内で待っているだけでは、成功しないと思います。まずは自社製品の特徴や魅力はどこにあるのか、といったことを自分たちで理解することが大切です。自分たちも一緒に展示会を盛り上げていく意識を持って、来場されるお客様に“この展示会に来てよかった”と思っていただけるような場にすれば、おのずと結果はついてくると思います。

出展者インタビュー

ページの先頭へ